紛争後の思い出

May 1, 2019

著作者: Frazer Macdonald Hay (www.uniformnovember.com)

場所: アービル (Erbil)・テル・アファール (Tel Afar)・モースル (Mosul)、イラク (Iraq)

12月 2018年

 

 

1:Al Zinjinly、モースル、ペプシの工場境界壁彼らが紛争を脱出しようとしたときに、84人の民間人が狙撃兵に射殺された場所。倒れたすべての人の名前がマークされ、残虐行為が起こった場所を壁に描かれました。(写真:著作者)

 

 

この報告書は、IOM( International Organisation for Migration) によって委託され、日本政府から資金援助された研究結果であります。

 

研究の背景と目的:

この報告書には3つの目的がります。

 

 

一つ目は、紛争後のイラクでどんな手段で紛争の様々な出来事を記念化する。

二つめは、紛争の記憶とトラウマが扱ている地元の人の意識を高めるIOM スタッフ向けのプログラムを作る。

三つ目は、戦前は日常生活に使用されていた日常的な公共場所;学校や、聖地などを識別、分析と文書化する。紛争後の日常的な建物は現在暴力と同義であり、和解を達成するために検証と承認を必要とする。

 

調査の過程で、モースルとテル・アファールでいくつかの日常的な場所を調査しました。

 

調査された場所は地域社会、他の都市やIDPキャンプではよく知られている。直接の経験、SNS、口コミに通じて広まっていました。これらは、84人が戦闘から逃れようとして狙撃で死亡したモースルの地元のペプシ工場、ISISがまだ識別されていない4-5000の遺体を処分した下水口などの場所です。

このレポートでは、7つのサイトが詳細に取り上げられています。まだ見つけられ、検証され、承認されているサイトがまだたくさんあります。

したがって、IOMはこれらの文化的に重要な場所とそれらの記憶を記録するためのプログラムを開発することが提案されました。彼らの経験を検証するために、そこで起こった苦しみとそれがどのように表現されるべきであるかを認識し、認識しそして文脈化する。

 

過去には、国の主導的な国家主導による統一と反抗が主流でした。国家権力を強化し、道徳的または悪意のあるものとして戦うキャラクターを強化する。これは一般的に「拮抗的」と呼ばれる記念する方法であり、強い帰属意識を強固にするために感情を特権化します。

 

紛争後の環境内での記念化に関連するの重要な課題は、モースルとアービルでの協議を通して、個別にまたはグループで、IOMスタッフと共に探究されました。紛争を経験した人々と接する際に注意することが特に重要な4つの主な方法があります。

 

  1. 被暗示性とは、ある人が過去の経験を思い出そうとしているときに、質問、コメント、または提案の結果として、記憶が操作および変更の影響を受けやすい方法を指します。

 

  1. 誤割り当て。これは、情報源を間違えるの意味です。現実と空想を間違えて います。

 

  1. 継続性、つまり忘れようとするでも忘れられない、いやなな情報や

      出来事を繰り返し思い出すことを意味します。

 

  1. バイアスとは、現在の知識と信念が、過去をどのように記憶しているによると変える事。記憶を再構築する過程で、感情や信念を、あるいは出来事の後に得た知識さえも一般的な特性を捉えながらも、不正確で不当なステレオタイプの発生を生み出す可能性がある。

 

この研究は、紛争後の文脈における暴力の記憶にはもっと注意が必要であることを示しています。紛争地域からの人々と共に平和構築活動に従事している間、慎重で慎重なアプローチが採用され適用されなければなりません。

 

暴力の記憶は、国内の和解プロセスの間に見落とされる危険性があり、地方自治体、NGOおよび国連から堅牢性を向上させる調査および承認プロセスに値する。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload